高等学校を卒業した後の進路は主として3種類あります

高等学校を卒業した後の進路は、主として3種類あります。

就職、大学に進学、そして専門学校に進学するという道です。


このうち、大学に進学したものの、卒業後に就職せず専門学校に入りなおす人や、大卒で就職後に専門学校に入りなおすという人が一定数存在します。これは、例えば大学卒業後に一部上場の大手企業などに就職したものの、その会社の業務や文化に馴染むことができなかったなどの「ミスマッチ」状態に陥る人がある程度存在するからです。

学生の頃は就職の良し悪し、成功失敗を「知名度のある大手企業に就職すること」で判断してしまう傾向があります。
しかし、今の時代、大手企業に就職することができたから人生が成功する、幸せになることができる、というものでもありません。

結果として、就職のミスマッチがおこります。
そして、そのような現実に直面した人があらためて自分に適した職業を見つけたり、社会で生きていく専門性の高い実用的なスキルを習得するために選ぶ選択肢のひとつが、専門学校なのです。また、もうひとつの理由として、就職をする意欲はあるものの不況による就職難で内定をもらうことができなかったという学生が増えているということもあげられます。

日本の採用は基本的には新卒一括採用です。


就職が決まらないまま卒業してしまうと、既卒者は新卒採用の枠に応募することができず、何のスキルもないまま転職者と同じ土俵で就職活動をしなくてはなりません。


ところが、専門学校に入りなおすと再び新卒者として就職活動をすることができるのです。

しかも、専門学校生は学校の特性上、特定分野に関してある程度のスキルを持っており、それが就職に有利に働くこともあるのです。

大学卒業後に専門学校に入りなおす人が多い背景には、このような事情が存在するのです。

http://menkyo-hunter.net/
http://aic.driver.co.jp/
http://www.matsuki-ds.com/